DNAを自在につくる〜核酸有機化学〜

ホスホロアミダイトDNA化学合成法

研究室で使用しているDNA自動合成機。すでに補修パーツも手に入らない往年の名機(制御用のMacも)を大事に使っています。

私たちがもっている第一の武器、それはDNAを化学の力で望みどおりに「つくる」核酸有機化学の技術です。ATGCそれぞれの文字に対応した試薬を、5種類の補助試薬を使って、順番につないでいくホスホロアミダイトDNA化学合成法を完全に理解し、さらには自分たちの好みにあわせて自在にチューニングできるのが強みです。

さらに、大学でも習う有機化学の知識を活かせば、ATGC以外のまだこの世に報告されていない「文字」を書き込むための試薬ですら、私たちの手でつくりだすことができます。多種多様に販売されている市販の試薬も駆使しながら、私たちはこれら非天然の「文字」をDNA自動合成機を使ってDNAに書き込むことで、天然を超えた機能を有する分子装置(デバイス)分子機械(マシン)をうみだしてきました。その典型的な一例が、蛍光色素と消光剤を機械的な結合で組み合わせた、これまでにない機構で動作する「分子機械(マシン)型蛍光プローブ」の開発です。

診断薬をつくる

また、このサイトで紹介しているその他の研究テーマについても、私たちが自在にDNAを化学合成できるという事実が、世界の舞台でたたかっている他の研究グループと、私たちを差別化できる大きなアドバンテージとなっています。

DDSキャリアをつくる
人工抗体をつくる
分子ロボットをつくる

人工筋肉をつくる
人工臓器をつくる

「DNAをプログラミングする技術」へ進む
「私たちの武器」へ戻る