ミュオグラフィ関係のシンポジウムでの発表、学会での発表、論文発表など 2020 ”Oral presentation or Paper of Muography Art”

【2020年度】

1.今城塚古墳の透視の実験-第1報-

田中宏幸らが欧州の地質学関係の雑誌に投稿し、審査が最終的にパスして2020.9.4に公開になりました。
最終論文は、下記をクリックすると論文のpdfファイルを見ることができます。
Geoscientific Instrumentation Methods and Data Systems
An interactive open-access journal of the European Geosciences Union
https://gi.copernicus.org/articles/9/357/2020/gi-9-357-2020.pdf

論文タイトル:
Muography as a new tool to study the historic earthquakes recorded in ancient burial mounds
Hiroyuki K. M. Tanaka1,2, Kenji Sumiya3, and László Oláh1,2

  • 1Earthquake Research Institute, The University of Tokyo, 1-1-1 Yayoi, Bunkyo, Tokyo 113-0032, Japan
  • 2International Muography Research Organization (MUOGRAPHIX), The University of Tokyo, 1-1-1 Yayoi, Bunkyo, Tokyo 113-0032, Japan
  • 3Graduate School of Informatics, Kansai University, 2-1-1 Ryozenji-cho, Takatsuki-shi, Osaka 569-1095, Japan

掲載ホームページは、下記です。
https://gi.copernicus.org/articles/9/357/2020/

2.今城塚古墳の透視の実験-第2報-

林武文らにより今城塚古墳のミュオグラフィ透視の結果を電気学会で報告しました。(2020.10.9) これは、東京大学田中宏幸教授の上記の論文をベースに第2報として発表したものです。内容は、今城塚古墳の選定理由、測定の原理、測定結果、アウトリーチ活動をまとめたものです。

論文タイトル:下記をクリックするとpdfファイルを見ることができます。
ミュオグラフィを用いた古墳の内部調査-高槻市今城塚古墳の透視実験-
林 武文 角谷賢二(関西大学)
電気学会研究会資料 知覚情報研究会 PI-20-049~055
, (2020)