ミュオグラフィアートプロジェクトのSDGs

 ミュオグラフィアートプロジェクトは、関西大学のSDGs推進プロジェクトの方針に即しかつ東京大学国際ミュオグラフィ連携研究機構に連携したSDGsを推進します。

 ミュオグラフィアートプロジェクトは、科学シーズとして日本が世界に誇れる東京大学の最先端透視技術ミュオグラフィ技術を取り上げ、関西大学総合情報学部の研究者が保有する3D-コンピュータグラフィック(以下CGと略す)、3D-逆遠近錯視(以下イリュージョンとする)、絵画等を音響化する技術(以下サウンド・インスタレーションとする)と融合し、さらには学外の絵画の専門家、デザインの専門家、学生たちと連携した新たなサイエンスアート表現を創生し発信しようとするものです。さらにミュオグラフィ技術を古墳の透視に適用します。

1.文化度の高い都市づくりに貢献
 写真は今城塚古代歴史館でのミュオグラフィアート展示した例です。また、古墳内ではミュオグラフィの透視測定を実際行っています。これらの活動により、古代、現代、未来へとつなげるサステナブルなかつ文化度の高い都市づくりへの貢献をします。2019.11.19~12.19
【目標11】

2.子供ワークショップ
 ミュオグラフィアートプロジェクトでは、 小学生親子の老若男女を問わない最先端科学教育をサイエンスアートを通して試みています。写真は、グランフロント大阪でのミュオグラフィアートのワークショップです。2019.11.24
【目標4】【目標5】

3.質の高い教育への貢献
“Muographers 2019 forwards SDGs” held at United Nations University on September 9, 2019
 SDGsに対してミュオグラフィ科学技術の継続的発展と新しい解を得るためのシンポジウムが東京の国連大学で開催されました。関西大学から角谷が参加し、ミュオグラフィアートについての発表を行いました。演題は、「最先端科学技術ミュオグラフィを21世紀のライフスタイルに適合したファインアートで表現する教育的手法の開発」 2019.9.9
【目標4】