“Muographers 2019 forwards SDGs” held at United Nations University on September 9, 2019

SDGsに対してミュオグラフィ科学技術の継続的発展と新しい解を得るためのシンポジウムが東京の国連大学で開催されました。関西大学から角谷が参加し、ミュオグラフィアートについての発表を行いました。演題は、「最先端科学技術ミュオグラフィを21世紀のライフスタイルに適合したファインアートで表現する教育的手法の開発」 ”Development of a novel education method in advanced science and technology, muography, through fine art to correspond to various lifestyles in 21st century”

合わせて、ハンガリー、イタリア、日本の共同研究の調印式が開かれました。

シンポジウムの詳細は、下記のホームページをご覧ください。

http://muographers2019.muographers.org/sdgs/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です