研究室を志望する学生さんへ

先端高分子化学研究室では,世界の誰も行っていない独創的な研究にチャレンジしています。特に,高分子化学を基盤としてバイオ関連の研究を中心に,環境分野やエネルギー分野にまで及ぶ幅広いターゲットを視野に入れて研究展開しています。当研究室では,従来の分子や材料とは全く異なり,生体に近いあるいは生体を超えた分子や材料の開発を目指しています。

研究室では,個々の学生が異なった研究テーマを持って研究を進め,さらに各研究の成果を融合させて新しいスマート分子/材料を開発しています。いずれの研究テーマもこれまで世界中で全く研究されていない新規な研究で,その目的を達成することができれば新しいサイエンスやテクノロジーを生み出す可能性のある夢をもった研究です。このような研究はエベレストを登るように極めて困難な課題が立ちはだかっていますが,それに向かって日夜努力を重ねることにより,研究者や技術者として必要な能力を身につけることができます。また,各研究はいずれも合成から始まって,得られた分子や材料の構造評価,さらにはその物性や機能の発現まで一連の研究を進める必要があり,新しい分子や材料,さらにはそれらを利用した新規システムの開発まで幅広く身につけることができます。研究室では機器紹介で示したような,分子や材料を合成するための装置やそれらの構造・物性・機能を評価するための装置を駆使するので,他では経験することができないような実験も行うことができます。当然のことながら,それぞれが研究を進めていく上で,様々な問題に直面し,それを乗り越える必要があります。このような困難な課題を通して,オリジナリティーのある研究を展開する能力も身につけられます。

一方で,研究成果は論文や学会発表などを通して積極的に外部に公表しています。特に,学生自身による発表を推奨しており,研究成果を公表する能力も身につける機会も多くあります。その際には,書く能力やまとめる能力,さらに口頭発表するためのプレゼン能力など研究者や技術者として備えるべき能力を鍛えることを目指しています。<br> 研究室でのメンバーは,学生として教育を受ける立場にありますが,一方で研究目的を達成するための共同研究者でもあります。したがって,研究においては教員も含めて対等な立場であり,科学や技術の分野を革新することができる分子や材料,システムの開発に向けて一致団結して研究展開しています。高い山であればあるほど挑戦してみたくなるという気概のある学生諸氏が仲間として加わることを期待しています。