宮田 隆志先生が日本接着学会において日本接着学会賞を受賞!

当研究室の宮田 隆志先生は,外部刺激に応答して構造を変化させる高分子微粒子や薄膜などの界面材料を設計し,その構造制御と応用に関する研究を系統的に行ってきた。その成果が基礎および応用の両面から接着とその周辺分野の科学・技術の発展に大きく貢献してきたことから 日本接着学会賞が授与されました。

体温付近で相転移する両親媒性液晶高分子ミセルに関する論文がACS Appl. Mater. Interfacesに受理されました。

投稿日時: 2022年6月22日

体温付近で液晶-等方相転移する両親媒性液晶高分子ミセルを設計し,温度変化に応答した可逆的なモデル薬物の放出制御に関する研究成果を報告しました。

Y. Inoue, K. Takada, A. Kawamura, T. Miyata
Amphiphilic Liquid Crystalline Polymer Micelles That Exhibit a Phase Transition at Body Temperature
ACS Appl. Mater. Interfaces, in press.

逆ミニエマルションRAFT重合による温度応答性コアーシェルミクロゲルの合成に関する論文がPolym. Chem.に受理されました。

逆ミニエマルションRAFT重合により双性イオンポリマーをコア,温度応答性ポリマーをシェルとするコア-シェル型のミクロゲルの合成に関する研究成果を報告しました。

M. Sasaoka, A. Kawamura*, T. Miyata
Core–shell Gel Particles Having Zwitterionic Hydrogel Core and Temperature-responsive Shell Prepared via Inverse Miniemulsion RAFT Polymerization
Polym. Chem., accepted.

薬物に対する動的結合サイトを有する温度応答性ゲルの設計に関する論文がJ. Mater. Chem. Bに掲載されました。

分子インプリント法により薬物に対する動的結合サイトを有する温度応答性ゲルを設計し,温度に応答したコンフォメーション変化によって結合能を変化させることにより,薬物放出のON-OFF制御に成功しました。この動的結合サイトを有する温度応答性ゲルに関する研究成果を報告しました。

Y. Toyoshima, A. Kawamura, Y. Takashima, T. Miyata
Design of Molecularly Imprinted Hydrogels with Thermoresponsive Drug Binding Sites
J. Mater. Chem. B, accepted.