Sara Steigerwald

画像をクリックすると高精細で見ることができます。
Click the image to see it in high definition.

Sara Steigerwld

Journey Across the Galaxy
銀河横断の旅

デジタルアート/2020
Digital art

ミュオグラフィの探針として使われる素粒子、ミュオンの力は、ほとんどが何百万年も前に
銀河系の遠くにある超新星から発生したエネルギーに由来している。そのエネルギーは宇宙
線を形成する原子核(絵の中ではねじれた黒い線で表現している)によって運ばれて、地球
に絶え間なく到着して、大気圏内でついにはミュオンに変わっていく。(紫/ピンクの線で描
いている)この宇宙エネルギーの源(宇宙線)から発生するミュオンを使って、より持続可
能な方法で環境に適応できる我々の能力を改善するために、地球のエネルギーサイクルに影
響を与える大規模な人工かつ自然の現象を理解するのに役立つミュオグラフィーの実験がな
されている。

The power of the particle that acts as a probe for muography, the muon, comes mostly
from energy that was generated from supernovas in distant areas of the galaxy millions
of years ago. This is carried by atomic nuclei that form cosmic rays (depicted here
as the twisting black line) and arrives continually to our atmosphere where they
transform eventually into muons (depicted as a purple/pink line). With muons that
come from this cosmic energy source (cosmic rays) muography experiments are conducted
which help us to better understand large-scale manmade and natural phenomenon that
effect the energy cycles of the Earth in order to improve our ability to adapt to the
environment in more sustainable ways.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です