角谷華仙「無音」「無」/Kasen Sumiya

角谷華仙
Kasen Sumiya


Infinite

書/H10cm x 14.8cm/2020
Calligraphy

「書環」という不思議なにじみの出る墨で「無」という字を書きました。顔彩で描いた3個の青い豆粒のようなものは、特殊ガス(Ar/Co2)が充満している大きな箱のようなミュオグラフィ測定装置の中でミュオンを検出した時に現れる直線的に並んだ青いLED光を表現しています。ミュオンは目で見ることはできませんが、このような形でミュオンの存在を知ることができます。

I wrote the word “Mu” with a black ink called “Sho-kan (calligraphy ink)” which gives a strange bleeding. The spots like three blue pea grains lined up linearly when muons were detected in a muography measuring device in a large box filled with special gas (Ar/Co2) and emits blue LED light. Muons are invisible to the naked eye, but in this way we can see their existence.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です