造山古墳のミュオグラフィ装置を第2地点への移動 A点からB点 2022.1.29

ミュオグラフィによる造山古墳の透視がA地点で完了したので、B地点での透視のため装置を2022.1.29に移動した。A地点で装置を積み込んでB地点まで移動ですが、民家の中をユニック付きトラックとシャベルカーで移動は道が狭いので大変な苦労だった。運転手の運転が非常にうまくやっとの思いで無事完了した。

A地点から後円部真横のB地点に移動
A地点での詰込み作業。
民家の中の細い道を移動。
B地点に入るところは非常に狭い坂道。大変苦労したところ。トラックを滑り落ちないようにシャベルカーで後ろから引っ張ている。
ユニックでトラックからおろしたところ。
トラックからおろし、方向を合わせて設置作業。
今回はシャベルカーも出動。装置が重いのでトラックが倒れないように抑えているところ。
B地点での設置後。前方の白い箇所は雨による土砂崩れの修理跡。2022.129に電源を入れ順調に稼働した。

YouTubeビデオ:ここをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。