2017年3月9日

学術論文(査読あり、フルペーパー)

← 研究成果一覧へ戻る

  1. 北之馬貴正,新居英志,安達直世,滝沢泰久,無線センサネットワークにおける仮想トポロジを用いた集約型自己組織化ノード位置推定方式とその実装評価,情報処理学会論文誌,Vol. 58,No.2,pp.448-460,2017.
  2. 2016年2月 NLOS混在環境における無線センサネットワークの集約型自己組織化ノード位置推定方式とその精度評価 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌 Vol.57, No.2, pp.494-505
  3. 2015年2月 移動通信環境における複合無線アクセスネットワークとその制御方式 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌 Vol. 56, No. 2, pp.448–459
  4. 2013年10月 RSSI-based Localization using Self-Organizing Maps for Wireless Sensor Networks, 学術雑誌 単著 Advanced Management Science Vol.2, No.2, pp.137–152
  5. 2013年2月 複数異種無線環境における自律分散経路制御方式 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌 Vol.54, No.2, pp.596–609
  6. 2012年12月 Self-Organzing Localization for Wireless Sensor Networks based on RSSI 学術雑誌 共著 Sensor Letters Vol.10, No.8, pp.1-10
  7. 2012年7月 無線センサネットワークにおける自己組織化位置推定方式の提案 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌 Vol.53, No.7, pp.1774–1782
  8. 2011年2月 事後確率評価を利用したDDoS攻撃に対する統計的フィルタリング手法 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌 Vol.52, No.2, pp.601–620
  9. 2011年2月 IEEE802.11とIEEE802.16を用いた複合アクセス経路のパケット分配制御方式 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌 Vol.52, No.2, pp.543–557
  10. 2010年6月 Miniaturization of plasma wave receivers onboard scientific satellites and its application to the sensor network system for monitoring the electromagnetic environments in space 学術雑誌 共著 Advances in Geosciences Vol.21, pp. 461–481
  11. 2009年1月 Packet Distribution for Communications using Multiple IEEE802.11 Wireless Interfaces and Its Impact on TCP 学術雑誌 共著 IEICE Transaction on Communications Vol.92-B, No.1, pp.159-170
  12. 2008年10月 IEEE802.11とIEEE802.16を収容する無線アクセスネットワークにおけるパケット分配制御方式 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌Vol.49, No.10, pp.3576-3587
  13. 2008年9月 IEEE802.11とIEEE802.16を収容する無線アクセスネットワークにおけるハケット分配特性 学術雑誌 共著 情報処理学会論文誌 Vol.49, No.9, 3245–3256